So-net無料ブログ作成
チャ・スンウォン ブログトップ
前の10件 | -

'優しいパパ'チャ・スンウォンの成功秘訣 [チャ・スンウォン]

4年ほど前の雑誌より~(時間がなくて 翻訳サイト そのまま載せます)

-フィルム2.0インタビュー
“世の中と断絶してはいけなくて交わって生きていかなければなりません。 そうでなければとても危険な職業です" -フィルム2.0インタビュー中188センチで'背が高く体格が均衡であって顔が遵守するのがなかなか貴骨でない'映画俳優チャ・スンウォン(36).
88年モデルライン ファッションモデルでデビューしたが本来大衆の関心を受けることになった人生逆転は10年後の98年美女MCらのトークショー,SBS 'イ・スンヨンの三二才イッセイ'と'キム・ヘスのプラス ユー'で広がった。
おでこが眉毛にやや細長くある容貌が香ばしい声と交わって,彼の隠された浮気心が溢れでたこと。 ウィットある話はすぐ視聴者たちの注目をひきつけたしファッションモデルを越えて,芸能人チャ・スンウォンの誕生を知らせることになった。
そして2005年夏,チャ・スンウォンは13回目映画出演作'拍手する時去れ'で観客2000万人を動員した興行俳優で位置づけを確かに固めた。 97年'ホリデーイン ソウル'でスクリーン デビュー9年ぶりに主人公9度,カメオ2度の出演を通じて得た結実だ。
今年'国境の南側'では利益を得ることができなかったが'チャ・スンウォンも人を泣かすことができる'という演技変身が引き立って見えた。 また去る7日撮影に入った新作''里長と郡守はMBC看板娯楽番組日夜の人気コーナー'チャ・スンウォンのヘルスクラブ'で相性良好を誇示したユ・ヘジンと共にチャ・スンウォン票キャラクターを見せる予定だ。
MBC 'バラともやし',KBS 'ボディーガード'などテレビ劇場でも好評を受けたチャスンウォンはCF界でも有名なスターとして認められている。 映画一編あたりギャランティーが5億ウォンに肉迫する上にCF出演料も億台を越える。
19才のとき結婚して,すでに高等学校に通う息子を持ったチャ・スンウォンの年間億台収入は三才年上の夫人イ・スジン氏が管理する。 自身の本<年下男連れていがみ合い生きていくこと>(中央M&B)を通じて,年下夫とのあれやこれや生きる話を率直に伝えて,話題になることもした。
話も多く落ち度も多いこともある芸能界で一家族で仮装で責任感と強い父性愛,誠実さでスターの位置に上がったチャ・スンウォンの力は安定した家庭生活に起因する。
彼の家族愛は引き受けた配役で自然に染み出てくるほどでファンたちは彼の演技でも率直さを発見することができる。 優しい男あるいは良いパパ,斬首した夫のイメージは洗剤と洗濯機など家庭用品関連CFの中でも多情多感で暖かい姿を表わす。
チャ・スンウォンは流行を読むビジネス マインドも目立つ。 'ナイスバディ'男芸能人では初めて99年初め'チャ・スンウォンのダイエット25'ビデオを発売して元気なからだ作ることを願うことの主役になった。
当時男性のスタイル育て方はダイエット市場で潜在需要だけあるだけ大勢ではなかったがこのビデオによって社会的なイシューで徐々に登場することになった。 特に若い女性が主に購入して,刺激を受けた男性らが元気で見栄えが良いスタイル作りに飛び込んで,もう一つの成人文化を引き出した。
彼のまた違う成功秘訣は体系的なマーケティング戦略を土台に直接作品広報に情熱と誠意を尽くすということ。
コミカルな老いた未婚男性から寸志受ける先生,朝鮮時代捜査官まで多様なキャラクターを行き来して自分だけの演技世界を作っていく彼は'ファンたちが分からなければ作品も分かってくれない'という一念でTVトークショーはもちろん娯楽番組とファンミーティングに抜けなくて参加して,作品紹介に熱を上げる。 ややもすると軽く見えることができるが例のその特有のユーモアとしらじらしいことで危険な状況を渡す。
何といっても彼の成功には人間的な信頼を土台にした厚い人脈が位置している。 後輩クォン・サンウと厚い関係はすでによく知らされた事実. 2003年モバイル映画'プロジェクトX'に共に出演して近づいた二人はお互いの作品に友情出演提案も拒まない。
最近ある娯楽番組でチャ・スンウォンが即席電話連結で“友情出演だとギャランティーが全くなくて一般的な友情出演よりはるかに多くの15回で20回ほど出演をしなければならない"という提案にクォン・サンウは"兄が選択した映画ならば,楽しく撮影する"と応諾したこと。 チャ・スンウォンの人間関係を端的に見せる事例であった。
最近ではMBCに水害義援金で5千万ウォン,国際救護団体ワールドビジョンに欠食児童助け合い寄付で5千万ウォンを寄託したチャ・スンウォンが'成功しなければならなかった'秘訣は家族愛とプロ精神そして信頼の人間関係だ。 (写真= MBC提供)


こちらに 本の中身が 紹介されています。
彼と近所室内屋台で行って焼酎を10本程度飲みました
(そうします。 私が高校生に酒飲ませました。 私は悪い女です。)
酒をさしつさされつして自然にぞんざいに言うことにしました。
彼が先にヌナ(누나)といえば嫌いだから'あなた~자기야~'と呼ぶとのことです。
私も酔った勢いでそうだといいました。 そうしたところチュー一度だけしようと締めたのです
それでチューも一度しました。 そうしてまさに彼が味がなくなりました。

その時期夫はときどきメモ紙に'真っ赤なバラ100輪''黄色いチューリップ30輪' '霧花1千輪'このような形で少なくて,私に花をプレゼントしました。
メモ紙に咲いた花.
だが夫は以前にあちこち隠しておいた紙花を発見とは
幸せで大げさに騒ぐ私に"後ほどお金たくさん儲ければ本当に美しい花
たくさん買ってくれるから"とある約束を守っていることなんです。

チャ・スンウォン チョ・ナンカン 出演分 [チャ・スンウォン]

これ 映画「息子」の頃ですね。

音に気をつけてください。

映像は こちら


ELLE [チャ・スンウォン]

'구르믈' 이준익 감독-차승원, 패션화보서 찰떡호흡
映画'雲から抜けた月のように'のイ・ジュンイク監督と主演俳優チャ・スンウォンがファッション紙画報撮影会場で呼吸を自慢した。
20100424103154789h9_104550_0.jpg
イ・ジュンイク監督とチャ・スンウォンがファッション紙'エール'の画報撮影で風変わりな姿をお目見えして話題を集めている。
‘男の話’というコンセプトに進行された今回の画報撮影でチャ・スンウォンは変わりない'モデルポス'をお目見えしたしイ・ジュンイク監督は隠れた浮気心を発揮してモデル劣らない自然な姿でポーズを取った。
特にチャ・スンウォンはモデル出身らしくすらりとした背丈と硬いスタイルでスーツのセクシーな魅力を発散して‘冷たいのか’というニックネームらしく多様な衣装を格好良く消化した。
イ・ジュンイク監督は多様なポーズと表情をお目見えして,スタッフらの拍手を受けた。 チャ・スンウォンをはじめとするスタッフらは“監督様が俳優してもかまわない”として監督様のあふれる浮気心を絶賛した。
多様な男の魅力をお目見えしたチャ・スンウォンとイ・ジュンイク監督は時には強い男のカリスマを吹き出したし,時には茶目っ気いっぱいである友人同じ気楽な姿で楽しく撮影を進行したという後日談。
特にイ・ジュンイク監督がチャ・スンウォンに綱で捕われたまま引きずられて行くカットを演出したコンセプトを撮影する時は二人のウィットとセンスが引き立って見えて大きい笑いで撮影を終えた。
チャ・スンウォンとイ・ジュンイク監督は画報撮影以後進行されたインタビューでも始終一貫和気あいあいとした雰囲気を作り出して映画界の新しいカップルで注目されていている。
一方映画'クルムル ポソナン月のように'は28日封切りする。
20100424103154789h9_104550_1.jpg


2010.04.26 チャ・スンウォン インタビュー [チャ・スンウォン]

写真掲載サイトは ここ

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

13.jpg


5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

11.jpg

12.jpg


写真に関連したインタビューは ここ
チャ・スンウォン“この頃が一番私らしくて良い”
チャ・スンウォンは疲れない。 昨年一年SBS <シティーホール>のチョ・グクで視聴者たちを溶かして,映画<シークレット>のスタイリッシュな刑事で休むことなしで観客を探した。 そして4月29日封切りを控えた映画<雲から抜けた月のように>の野心に充ちたイ・モンハク(이몽학)のために鋭い牙(糸切り歯)と長い刃物で武装した。 映画<飽和の中へ>,ドラマ<アテナ:戦争の女神>までスケールの大きいプロジェクトらもぞろぞろ待機中だ。 20代が最も似ていたいほど相変らず若いからだが持った体力のおかげであろうか? しかしチャ・スンウォンとのインタビューで疲れない彼の動力は肉体にエンジンを置いていないを知ることになった。 四十の年齢に一過程の仮装であり,22年経歴の職業にも相変らず旧態依然さと厳粛主義を拒否する返事あちこちに彼の老化防止秘法が隠れている。
<シークレット>に続き<雲から抜けた月のように>(以下<雲月>)でまた封切りを控えている。 イ・ジュンイク監督の新作なのに加えチャ・スンウォン,ファン・ジョンミン主演ですでに多くの期待を集めているのに。 今回の映画は感じがどうなのか?
チャ・スンウォン:映画はほとんどなること同じだ。 ほとんど。 (笑)昨日夢を見たが私が白い雪原でどこへ行っていた。 雪は財物なのに加え入れる一つ越えてから青い海がぱっと繰り広げられることだ。 わー! こうして破っただろう。 (笑)

<雲月>はイ・ジュンイク監督のために選択した
その海に鯨でもあったら本当に話にもならなく良い夢だった縁だが。 チャ・スンウォン:海に鯨が血まで流していたら完全大当たりなのに! 作って,また借金してしまうだろうか? (笑)
良い夢も見て,<シークレット>時会った時も映画に対する期待感を表わしたりもしたが。
チャ・スンウォン:事実大きい期待はなかった。 商業映画としてとてもおもしろいというには不足した面らがある。 だが私たちが撮影末にこの映画を撮るのがそれほど恥ずかしいのではないといったことを感じたからなったことだ。 観客らもそれを感じるならば必ず史劇を面白味でだけ見られないということではないだろうか,こういう映画も大丈夫でないだろうか感じてくれるようだ。
ところで不利にも観客らはこの前に放映終了したKBS <チュノ>等を通して,新しいメッセージや映像美を入れた史劇をすでに経験した状態だ
チャ・スンウォン:そうして観客らには<雲月>が多少退屈なこともあるようだ。 私たちの映画は淡泊な映画だが淡泊なことで味を感じることができる観客がある反面何かもう少しなければならない観客らもあるから。 その上この頃はあまりにも刺激的なことに慣れていたり。 この前に車に乗って行ってラジオを聞いたが,1972年度に公開ホールでしたペ・サムニョン,旧封書先生の漫談を聞かせたよ。 今聞けばたいしたものでない話にも多くの人々がとてもおもしろがることだ。 その時はそうとばかりしてもとてもおもしろかったが今は世代が変わったんだろう。 おもしろいのも多くて刺激的なことも多くて。 映画がある程度はそういうのを充足させてくれなければならないようだ。
そのように見ればイ・モンハクというキャラクターは真の刺激的でない。 ずっと自身の感情を押さえ込んで隠してとても節制されている。 演技する俳優立場でも苦しい瞬間があったようだ
チャ・スンウォン:やれるのがとても限定的でもあった。 そして何か付け加えてできるのがないから。 ところでそのキャラクターはそのように外にできない。 次にまたするといってもそのようにすることで。 私が最大限できるだけにした。 映画で見せたのがイ・モンハクにできるマキシマムでありミニマムであるようだ。
そのようなキャラクターの制約にもかかわらず<雲月>を選択した理由があるはずなのに。
チャ・スンウォン:イ・ジュンイクという人と一緒にしてみたかったから。 イ・ジュンイク監督と仕事をするのが価値ありそうだった。 その方と縁を結んでみてもしたかったし。 そこにファン選手(ファン・ジョンミン)が投入されるというから本当に良かったよ。 イ・ジュンイク監督は人をかなりよく知っている人で,理解しようと努力する監督だ。 次にまた軟餌なるならば一緒にすることもできることで。 シナリオで探せなかった意味を俳優らどうし作っていく楽しみもあった。

“今は物理的なことに振り回される年齢ではないようだ” 

チャ・スンウォンすれば‘冷たいのか’でSBS <シティーホール>で派手なスーツ姿を自慢した戦績もあるほどスーツがよく似合うイメージなのに,<穴の迷惑>時もそうしたし意外に白い塗布に今しがた使った姿も大丈夫だったよ。
チャ・スンウォン:私が見ても大丈夫だったこと同じだ。 (笑)そのようなスタイリッシュなことはどんな役割をしようがキャラクターに妨害にならないならば失いたくない。 ところで初めにはカラシナを使わないとした。
どうして? イ・モンハクは目つきをまさに見せないでカラシナを経て見せるのが印象的であったのに。
チャ・スンウォン:なので使わなかったら大変なことになるところだった。 (笑)ところで初めにイ・モンハクに対して私が考えたイメージが別々にあった。 <チュノ>出てくる前にどんな絵で見たものだが男が頭を荒々しく上げて縛っていたよ。 その絵を報告書‘アこういうイメージがモンハクと似合わないだろうか’したが冠をかぶろうということだ。 ところで今しがた使った高尚な人は男性的な魅力がなくて,ちょっと心配になっただろう。 むしろ塗布やカラシナのようなものが男性性を幾重にも分けるから。 ところで映画を見てみるから彼が冠をかぶっていて,初めには目が見えないで後ほど皆見えるのに‘オ? これ今しがたなければ大変なことになっただろうね’するほど大丈夫だったよ。 (笑)
<雲月>に続きこの前に撮影を終えた<飽和の中へ>もそうで,もうすぐドラマ<アテナ:戦争の女神>(以下,<アテナ>)も撮影を始める。 このように大作らを継続するのは俳優やスターとして体つきをさらに育てたかったからか?
チャ・スンウォン:そんなこともなくはない。 大きい予算の映画に参加するのは俳優として多分幸運だ。 したいといって,人為的にできるのではないから。 大衆が見た時も大きい作品をし終えて小さいことをすることと小さいことを連続ですることとは違う。 だが何よりその作品らがみな企画力が良かった。 <雲月>はイ・ジュンイク監督が作った史劇でブランドの力がある。 <飽和の中へ>は6.25朝鮮戦争60周年を賛えるための映画で,これからこれ以上出てくることができないということで。 <アテナ>はTV歴史上最も大きい予算のドラマで。 こういう作品に参加するのが俳優としてとても良い。 今はこういう大きいプロジェクトをしても振り回されないことという考えもあって。 もし30代だったら変な側で考えだけ多くなって,わけもなく目に力だけいっぱい与えてしたことだ。 それは(本当に)ウソンも同じであることだ。 私たちがこうしたが参加するのにお金がそんなに途方もなく入るらしい,エイそれが私たちと何の上官はこのように。 今はそのような物理的なことに振り回される年齢ではないようだ。
ところで視聴者立場ではいくつかのシップ億,いくつかのバック億ブロックバスターという件事感がよくこない。 むしろ<アテナ>に期待されて多くの関心を集めたのはチャ・スンウォン,チョン・ウソンというキャスティング組合だった。
チャ・スンウォン:記事出てきて反応見るからかなり良かった。 熱ならば9.5人が良いといったから。 私たちにそのような期待をしてくれるのは一方では負担だが有難くて感謝する。 私は大衆を相手に仕事をしているのに関心を行かなくなってくれるというのは悲しいことであるから。
<飽和の中へ>もクランクアップをしたが,撮影して,どうだったか? 廃虚と外に表現できない撮影現場写真が公開されたりもしたが,本当に侮れなかったよ。
チャ・スンウォン:<飽和の中へ>とって,ただ一人の女も見られなかった。 サンウと私とスンヒョンと‘きて,本当にしてもしてもひどい現場だ’こうした。 (笑)現場写真見て分かるだろうがすべて男たちだけだ。
“良い人々に会うのが私にはとても重要だ”

そうしたためか末っ子のチェ・スンヒョンが美しさをたくさん受けたよ。 (笑)
チャ・スンウォン:皆がみなスンヒョンを好む。 好まない理由がない。 アイドルして現場にきて,苦労をとてもたくさんした。 撮影してお昼の時陪食を受ければ私の席にきて“ヒョ~ン,来られましたか?”といいながら食べるのに完全に真っ黒で扮装して,爪に時は挟まっているだろう,“君耐えるだけのことはあるの?”尋ねればまた“私は良いです,ヒョ~ン”こうすることだ。 本当に良い友人だ。 サンウとは年齢の差も最も少なくて同じ学徒兵であるからスパルタ式でスンヒョンを対するけれど(笑),スンウ兄は“ハアー,スンヒョンそうしたか?”といいながらキメ細かくして。 そのように各自がみな色が違う。 ライオンに比喩しようとするならスンヒョンは<ライオン キング>でスカーを取って食べることまさに直前の幼いライオンだ。 サンウはとてもたくましくて戦闘もたくさんするのにこのライオンが戦闘をとてもオーバーでした。 (笑)ところで子を産んで家族を得て,視野がとても広くなった。 それでその勇猛さと広い視野で良いライオンになること同じで。 スンウ兄は傷痕がとても多くの老いたライオン. (笑)ところでぴったり見ればこの人はそのままライオンであることだ。 ライオンのたてがみがたくさん陥って傷を負ってもライオンはライオン こういう感じがする人.
それではチャ・スンウォンはどんなライオンか?
チャ・スンウォン:私がスカーなのか? (笑)スカーだがちょっとペーソスがあるスカー? <ライオン キング>のスカーはとてもペーソスがなくて哀れなだけしたが原作の<ハムレット>の大きいロディウスはそうではなかった。 この頃はそのような人物にささる。 主人公の他に裏面の人々. そのような人物らの内面には何があるだろうか,とさらに好感が持てる。 それでうつらな状態学という(のは)人を選択したことで。 誰がなんと言っても出た世の中を高官あるファン・ジョンハク(ファン・ジョンミン)は違うから。 結末が悲劇だと空しくても最後まで家書内目で見たいそのような人だとモンハクが理解できたよ。
最近数年は休むことなしでことを継続しているのに,作品をしないで休む時はどのように時間を送るか?
チャ・スンウォン:そのまま家にいる。 特別なことしない。 皿洗いもして。 私が家事を全くしないこと同じイメージと考える人もいたのに間違えることだ。 (笑)
ところでチャ・スンウォンという俳優はそのような家庭的な仮装の感じはわざわざ排除して,今のイメージを作ってきたようだ。
チャ・スンウォン:およそ5年前にどんなブログの文を見たが,題名が‘チャ・スンウォンに促す’であった。 チャ・スンウォンはもうこれ以上似合わないことするな,あなたの顔では戦争の気勢感じられるからそれを隠そうとしてもならない,あなたはそのようなイメージだけでも暮らす,こういう内容だった。 これを見て‘戦争の気勢はいったい何だろう?’悩んだが今考えてみるからそれが合うこと同じだ。 多分<国境の南側>とっている時だがその文によればその時私は全く反対の役割をしていたことよ。 それで最近いつもする話が‘この頃が一番私らしくて良い’だ。 私が考える私のイメージで人々が私を見てくれるから。
確かにこの頃あなたの活動が最も旺盛で,大衆がチャ・スンウォンから見たい姿を積極的に見せてより大きい動力を得ているようだ。
チャ・スンウォン:これからどんな作品をするかは分からないだろうが結局その俳優を考える時浮び上がるのはイメージだ。 私のイメージをどのように作るのか具体的に考えたことはないができた通り演技して考えた通り行かなければならないということではないのか? ところでそこに良い人々に会ってこうすればより良かったんだろう。 良い人々に会うのが私にはとても重要だ。
“私元気に暮らしていること同じなのではないか”

だが本当に多くの人々が某だった散る演芸産業中で良い人に会うのは容易ではないことでもある。 良い人を調べてみる目も重要なようだ。
チャ・スンウォン:音,良い人というのは... 出た女はよく分からないから(笑)男をいおうとするなら良い男は最初とても優しくない男だ。 優しくないということはできなかったというのではなく世の中とぶつかった時,二歩後に退いても一歩程度はこれから出て行くことができる男,ちょっと攻撃的男だ。 世の中を生きて,誰か私に被害を与えた時,それを徹底して防御できてこそ愛する人々を守ることができる。 それは優しいだけ海扇できないということだ。 そして二番目で男は40代が越えるお金でなく夢を持ち続ける。 大部分は30代になれば自分が持っていた夢らを思い出であるようになくして現実的だというものなどを増えた場合が多い。 ところで果たしてそれが現実的かということだね。 その二種類をそろえた男が良い男と考える。 それでこそ責任も負うことができて。
ブログ文も探してみるのに,ファン カフェのようなのに入ってみるか? チャ・スンウォン:時々入ってみる。 一年に一回ずつ文も残して。 (笑)今はしばしば上げようとする。 以前には面はゆくてできなかったが好む友人らであるから。 そしてファンたちがする言葉が本当に重要だ。 その友人らは基本的に私が何か映画を撮ろうが拍手して好んでくれるが‘兄さんはみな良いです。 ところでそれはちょっと...’こういう時がある。 ところでそれが完全核心だ。 彼らの言葉がどんなとがっていたキリよりもはるかに正確で意味ある。 そしてとても有難いだろう。 その友人らが何は罪か? やっと1~2分出てみると木浦(モクポ)で上がってきて,私の顔少しの間見て贈り物与えてまた降りて行って。
それにしても<雲月>試写の時も日本おばさんらがあなたの写真を絶えず撮ったよ。 今はチャ・スンウォンの修飾語に韓流スターも追加されるのか? (笑)
チャ・スンウォン:どうしても<シティーホール>ためである事もあって,今日本で<アイリス>が放送中であるから。 <アイリス>のスピンオフ シリーズの<アテナ>も現地で関心をたくさん受けているそうだ。
それではもう‘スンサマ’を期待してみてもかまわないのか? (笑) チャ・スンウォン:(차간지니까 간사마 정도로)カンサマ程度で? (笑)
モデルで始めて,俳優で無事に到着して,今は硬いスターの座を確保した。 そのように20年を超えて大衆に露出したが,それでも古くなったという感じが殆どない。 それは相変らず20代が最も似ていたいからだに選ぶ肉体だけでなくあなたのマインド自体が年上の人のようでない。 チャ・スンウォン:事実容貌も私ぐらい管理した人があるだろうか? (笑)老いない秘訣があるだろう。 私だけの華麗な豪邸がある。 (笑)私のために育てる各種薬草もあって,時ごとに一つずつ食べている。 目良くなるのも食べて。 (笑)ところで事実私が老いないことはなぜ老いないか。 今日も鏡を見るからとてもたくさん老いた。 笑うから目にシワがとても多いことだ。 俳優のシワはそれも演技という話があったのにそんなことがあるのか? 老いれば老いたんだろう。 (笑)人々が俳優には何か苦悩するのを正解のように望むのに皆がそうすることはできないのではないか? 人ごとに観点がみな違うんだって。 出た演技よりも人生が先だ. 習えと‘全演技の他にすることがありません’,‘全演技他には一度も思った敵がないです’こうしたのは話にもならないということ同じだ。 私は演技よりは生きるのをさらに上手に出来ること同じで。 人生が私には重要だ。 これぐらいならば私元気に暮らしていること同じなのではないか? (笑)


昨日劇団四季の「ライオンキング」見てきたので この話題はタイミング良い(笑)
スカーって 兄である王様を殺して王位に就くも 部下たちの信頼がまったくなくて(汗)

なんちゃって翻訳のため 意味不明部分が多くて 申し訳ないです。
ちょっと直してくださいよ~歌子さ~ん

今は妻の髪の長さには執着しないーチャ・スンウォン [チャ・スンウォン]

意外と多いんだね~長い髪でいてほしいっていう方(笑)

차승원 “더이상 아내의 머리카락에 집착 안해”

映画'雲から抜けた月のように'封切りを控えているチャ・スンウォンは最近CJプレミアムTVマガジン'ハローTV' 5月号とのインタビューで"もうこれ以上(妻の)髪の毛に執着しない"と話した。
いつのまにか大学生になった長男と小学生の長女を持ったチャ・スンウォンは若い時期妻の長い髪の毛を愛して,夫婦げんか後、頭をバッサリ切り捨てて切られた髪の毛を握りしめて泣いたエピソードで有名だ。
これに対してチャ・スンウォンは"今は妻の髪の毛に全く執着をしない"として"今はいつの時より楽しい時間を送っている。 子供たちに何より'愛する'という話をたびたびする"と明らかにした。
特にチャ・スンウォンは人生の哲学で"生まれた以上時間をみな使って死ね"という話を心に持っていると話した。
一方チャ・スンウォンは過去映画'国境の南側'興行失敗以後衝撃を受けて,パニック状態に陥っていたと告白してこの前映画'携帯電話'興行に失敗したパク・ヨンウにも当時経験を土台に慰労と激励を伝えたと耳打ちした


写真は HELLO tv 5月号より

2.jpg

3.jpg

1.jpg

4.jpg

朝鮮日報で内容を読む・・・


イム・チュヒさんblog [チャ・スンウォン]

彼女のblogに Mnetの「アゲメントラベル」に出演したときのスンウォンの印象が書かれてます。

出演は2008年11月だったようです。
私 2009年は見てたんですけど~(涙)
彼女のインタビュー 自然な感じで好印象なんです。
だから ますます 見たい!

s.jpg


「東京に家を購入しようかと考えています。」とスンウォンが言ったそうな~!
どうなったんだろ?それだけ 知りたい(笑)

友人 ひとりもいないーチャ・スンウォンインタビュー [チャ・スンウォン]

25日に出てたインタビュー下書きのまま残してたんですけど(汗)
近頃 インタビュー多すぎで[がく~(落胆した顔)]

차승원 “일 때문에 교우관계도 포기, 연예인은 외롭다”
チャ・スンウォン“仕事のために交友関係も放棄,芸能人は孤独だ”
チャ・スンウォンは"ある瞬間から休むのが嫌いだ"と話した。 1998年から毎年平均二つの作品ずつずっと出演してきた彼は昨年'シークレット'からドラマ'シティーホール',映画'雲から抜けた月のように' '飽和の中へ'まで休むことなしに駆け付けた。 6月からはドラマ'アイリス' 2撮影に入る。 興行成績に対しては焦燥感にならないといった。 '今回興行できなければ次に挽回すれば良い'という心がけだった。
pho_201004230913160107000001070100-00.jpg
29日封切りする'クルムル ポソナン月のように'試写会でもファン・ジョンミンはそわそわして,ハン・ジヘは おいおい泣いて映画を見たがチャ・スンウォンは二時間の間"長い足をしゃんと伸ばして気楽に見た"としてゲラゲラ笑った。
▲牙(糸切り歯)のために女たち仰天
-イ・ジュンイク監督に対する信頼のためにこの映画に出演しましたよ。
"正確には監督様とファン・ジョンミンという俳優のためでしょう。 事実シナリオでは感じが分からなかったが,監督が一日中私を捕まえて説得しました。 キャラクターも気に入ったし,イ・ジュンイク監督作品に感じられる人の臭いが良かったです。"
-ファン・ジョンミン氏とは親密なよしみが厚いでしょう? ユ・ヘジン・イ・ソンジェ氏ともそうだよ。
"知り合ってつきあって10年を越えたがヘジン氏とは相変らず言葉が隔たりある感じです。 'ヘジン氏' 'スンウォン氏'と呼びます。 幼い時からモデルで仕事をして周囲の人々に話を簡単に置かないクセができました。 唯一互いに卑劣な言葉する相手がイ・ソンジェです。"
-イ・ムンハクというキャラクターを表現しようと牙(糸切り歯)に義歯まで付けましたよ。
"両側牙(糸切り歯)を長くするから人相が険悪になりましたよ。 女スタッフらも私を恐れて,4ヶ月間ずっと付けて過ごすのにご飯を食べるのにも不便だったんですよ。"
-盲人剣客ファン・ジョンミンとの刃物戦い場面も印象的でした。
"代役に武術先生まで動員して,3ヶ月間別に練習しました。 チョン・ミン氏とは一週間別にハプを合わせましたよ。 チョン・ミン氏が盲人役でさらに容易ではありませんでした。"
-チャ・スンウォン氏代役が刃物が目にささって,すべてのアクションシーンを自らすることになりましたよ。
"大変な武術シーンを代役でするか考えたが予期しなくその方が負傷に遭って,チョン・ミン氏と二人つくしました。 思ったより大丈夫でしたよ。"
-'アイアンマン2'と同じ日封切りすることになりました。
"イ・ジュンイク監督様にある声しました。 適当に避けるべきことは避けて行かなければならないということではありませんかって。 幼い友人らが'アイアンマン2'に頭がおかしくなったのに,マーケティング戦略がちょっと惜しいようです。 それでもジャンルが全く違うからうまくいくでしょう。"
▲友人切って,心痛くて
-あるインタビューで'運動は私の力'と話しましたよ。
"運動のほか他の趣味がないです。 酒や友人にも興味がないよ。 地方撮影行けばマネジャーが一番最初にするのが近隣フィットネスセンター交渉です。 体で金を儲ける職業であるから年を取るほど着実に管理しなければなりません。(笑い)"
-長男ノアくんが今年はじめ米国の大学に入学したでしょう? ひょっとして演技者で育てるつもりはないですか。
"幸いに息子がそのような浮気心が全くないです。 本人も芸能人に関心がないよ。 芸能界仕事があきらめることも,甘受しなければならないことも多いでしょう。 薦めたくありません。 専攻が決まらなかったけれど,勉強させて,こちらとは別の仕事をするようになるでしょう。"
-演技者が'孤独な職業'といったが携帯電話には友人目録が別々にあるんですか。
"650人程度保存されているのでぴったり三つに区分されます。 '家族' 'メシの種' 'その他'このようにです。 デビュー5年目までは中・高校の友人らに会ったが今はほとんど会いません。 男として苦々しい告白ですね。"
-それでは友人が1人もないですか。
"マネジャーが不思議に思う部分もまさにそれです。 会う人の中家族抜いて日課関連ない人は本当にただ1人もないです。 寂しくてかわいそうな人生でしょう。 だが仕方ない妥協でした。 'ことで面白味を探して,そして家族に時間を戻そう'であの自らを説得したし10年超えてこのように生きています。"
-今まで出演した作品が30編を越えるのに曲がり角になった作品は何ですか。
"2003年'先生キム・ポンドゥ'のせました。 モデルと演技者イメージが混ざっている時,私に演技に面白みを感じるようにした作品でした。 粗雑だったがその時からこのことに大きい面白味を探すことになったようです。"
-6月からドラマ'アテナ:戦争の女神'スイス撮影を始めるでしょう? チョン・ウソン、スエ、イ・ジアと呼吸を合わせます。
"チョン・ウソンと一昨日ご飯を食べたが作品準備をたくさんしていましたよ。 キム・テヒ・イ・ビョンホンよりダメだという言葉は聞かないようにしなくちゃならないですね。 肩が重いです。"

チャ・スンウォン,カメレオン魅力の中に [チャ・スンウォン]

차승원, 카멜레온 매력속으로
断るには欲が出る作品だけで…
27927906_1.jpg
勝負欲がすごい。
40才になれば切ると豪語大言壮語したというタバコを41才になった今でも吸っていると話したチャ・スンウォンは突然に高等学校克己訓練を例にあげた。 “克己訓練を行って他の友人らは皆高いところで飛び降りるのに私にはおよばなくて立っている気持ち”と‘エヨン’が呼び起こした不便な感情を説明したチャ・スンウォンは“吸ってはいるがすっきりするということでもない”としてぎこちないように笑った。
他の人々に負けたくない心は俳優だけが持つ欲でない。 だがどれくらいさらに欲を出すかにより位置が変わることができるのは俳優の特権だ。 チャ・スンウォンは欲張りな俳優だ。 その欲はファッションモデルで始めた彼をトップ俳優に育てた原動力でもある。
昨年12月スリラー映画‘シークレット’を観客の前に出したチャ・スンウォンが4ヶ月ぶりに29日封切りする史劇‘雲を抜けた月のように’(監督イ・ジュンイク・製作映画会社,タイガーピクチャース)に帰ってきた。 壬辰倭乱が差し迫った朝鮮中期,消耗的な党派争いに包まれた情勢をひっくり返そうとした剣客 イ・ムンハクが彼が新しく演じた人物だ。 映画の中で彼は盲人剣客ファン・ジョンミンと刃物をねらう。 残忍に政敵を殺す彼の姿は猛獣と似ていた。
-牙(糸切り歯)の話をせざるをえない。 吸血鬼のように見える鋭い牙(糸切り歯)を付けて映画に出てきた。
“猛獣が餌を捕らえて走っていく姿を表現したかった。 象徴的な映画,象徴的な人物,象徴的な話だ。 ラミネートで牙(糸切り歯)を付けたが背筋が寒くなって,撮影が終わってまさに離してしまった。”(笑い)
-史劇の上にイ・ジュンイク監督との初めての作業まで,今回の撮影現場が特別だった記憶があるか。
“率直にシナリオよりイ・ジュンイク監督様が本当に魅力だった。 ハハ。 経験しなかった時と経験した後,感じが全く違う。 イ・ジュンイク監督様は本当におとなだ。 外形的な姿からでなく男が好むそして好むほどのおとなだ。 兄のようで,先輩,お父さん,同僚のようだ。 ある日監督様が‘お客さんとは一食とか食べて友人とは二食とか食べて家族とは三食とか食べるのに私たちは三食を一緒に食べるという家族ではないだろうか’で話した。 私たちは本当に家族だった。”
-陣剣を持って戦う場面がしばしば出るのに率直に対訳代役の比重はどれくらいなるか。
“ホ,そうだ! ただ一場面でも代役はなかった。 はなはだしきは足だけ出てくる場面も私たちが皆とった。 むしろ3ヶ月の間代役を準備した武術スタッフが撮影直前負傷に遭った。 本来演技者らは負傷に遭わなくて直接するほかはなかった。 速度調節をできなくて,武術監督に‘そっとしなさい’でむしろひどい目にあうこともした。”
このように映画自慢を継続したチャ・スンウォンは“惜しいのがある”として話を始めた。 “観客はやむを得ずファン・ジョンミンに心が傾くはずなのに人物の間の有機的な関係に物足りなさが残る”と暗示した彼は相手役に出てきたハン・ジヘと広げたメロー感情で説明が不足しないのかと何度も問い直した。 “女主人公が吹きだすエネルギーを男主人公に与えたとすればどうだっただろうか。 史劇は隠喩をはるかに豊かにするジャンルなのではないか。 史劇でメローをするならば本当にあきれるように出てくるようだ。”
-したい演技には終わりがないようだ。 ‘雲を抜けた月のように’を始め6月‘砲火の中へ’,下半期にはドラマ‘アテナ:戦争の女神’まで出演する。 多作する本当の理由は何か。
“私が訊ねたかった質問なのに,周辺ではどんな噂が広がっているか? 人々は何の考えをしたことかと尋ねるのに意図したのは本当に違う。 三編 皆‘この頃作品たくさんしたがちょっと休みます’と話して拒絶できる作品らは違うのではないか。”
-史劇,戦争映画,諜報ドラマを1年間皆するのは,それでもどんな覚悟があるんじゃなくては不可能でしょうに。
“‘雲を抜けた月のように’を撮影しているのに朝鮮戦争を扱った映画が企画されるという消息を聞いた。 戦争映画は私が夢見たジャンルであった。 シナリオを見るととてもシンプルな戦争映画であった。 出演することにして何日が過ぎたら クォン・サンウから電話を受けた。 私が出演するのかと尋ねるので‘無条件一緒にしよう’でぴったり一言だけした。 ‘砲火の中へ’をとる渦中に‘アテナ’提案を受けた。 ‘シティーホール’を終わらせてどうせドラマをすることならば大作をしなければならないと決心したところだった。 ‘シティーホール’もしたがドラマ ジャンルに負担を感じる理由はなかった。”
インタビューが終わる頃,チャ・スンウォンにこの日午前からオンラインを熱したニュースを伝えた。 20代1000人が選んだ‘名品スタイル’ 1位に選ばれたという便りだった。 その間物静かに話していたチャ・スンウォンの声がこの時から高まった。 笑い声も大きくなった。 始めたついでに40代に入り込んだ彼に‘花中年’に対して尋ねた。 “花中年という修飾語に同意するか”という話しかけるや彼は眉間をしかめた。 “それは平均寿命が50才だった時期にでも似合うほどの単語でしょう。 40代に‘花中年’とはお話になりません。”
■チャ・スンウォン1970年生まれ. 今年41才だが,20代ファッショニスタと比較しても遜色ないスタイルとスタイルで愛されている。 1988年ファッションモデルでデビュー,1990年代中盤からTV活動を始めて,ドラマ‘花火’,‘天使のキス’等に出演した。 1997年映画‘ホリデーイン ソウル’でスクリーンに出た。 以後20余編の映画に出演してコメディーとアクション,スリラーなど多様なジャンルを消化した。 2001年作‘新羅の月夜’以後しらじらしいコメディー演技を前面に出して‘ライターをつけろ’,‘光復節特使’,‘先生キム・ポンドゥ’等興行作を相次いで出した。 2005年史劇‘血の涙’を通じて演技多角化を試みたし‘息子’,‘シークレット’等新しいジャンルの映画にこまめに挑戦した。 夫人イ・スジン氏と結婚して,息子ノア,娘イェニが生まれている。


27738899_1_1.jpg

27738903_1_1.jpg

27738905_1_1.jpg

27738906_1_1.jpg


차승원, 카멜레온 매력속으로] 늦둥이 딸 자랑에 함박웃음 ‘팔불출 아빠’라 해도 좋아요
年とってから生まれた娘自慢に大笑い‘愚か者パパ’といっても良いです
27927932_1.jpg

■私の愛私の家族
チャ・スンウォンは20才息子と8才娘を置いたパパだ。 彼の子供らも眼に触れる容貌のおかげでインターネットユーザー間に有名人に通じる。 チャ・スンウォンが子供らと取った写真はポータル サイトでも簡単に探してみることができる。
それでもチャ・スンウォンは自身の家族に対する話を簡単に取り出さない。 私生活と演技活動を明確に区分したいことは他の俳優らと違わない。 だがせきと愛は隠そうとしても隠せない法。 チャ・スンウォンはインタビュー途中家族の話を何回取り出した。
年上の妻に対しては“毎朝料理を習いに行って,記事モニターもしてくれない”として不機嫌な話をした。 インターネットに登場するチャ・スンウォンと関連したニュースなどの便りを取りまとめるのは妻の役割だ。 彼の妻が開設しておいたインターネット ミニホームページにはスーパーマン服を着たチャ・スンウォンの写真がデスクトップに敷かれている程内助にも熱心だ。
チャ・スンウォンの携帯電話デスクトップには娘が明るく笑っている写真が保存されている。 結婚して10年がふわりと去る2003年年老いて生まれた娘を得たチャ・スンウォンは親しい人々には娘自慢をたくさんするパパでもある。
息子は現在米国留学中だ。 チャ・スンウォンはインタビュー途中にも米国からかかってきた息子の電話を受けてパパとして色々なものなどを取りまとめてくれた。 この前にはグループ少女時代のメンバースヨンが放送途中した話でチャ・スンウォンと彼の息子が一気に注目された。 スヨンがある芸能番組で“小学生の時チャ・スンウォンの息子と親しくて,彼の家にもしばしば遊びに行った”と話したのが話題になった。 “スヨンの話をビッグバンのT.O.Pに伝え聞いた”というチャ・スンウォンは“息子が幼い時のことはよく思い出せない”としつつも愉快なように何度も大きい声で笑った。

チョン・ホジン、イーサン・ホークが好きなわけ チャ・スンウォン インタ [チャ・スンウォン]

"천호진, 에단 호크를 좋아하는 이유는…"
スクリーンで活動領域を移した後チャ・スンウォンはただ一度も青春スターで熱かったことがない。 TVでは当代最高の青春スターだけ引き受けた地上波週末芸能番組のMCも見ながら'モデル ポス'を自慢した彼だったが彼の外敵のイメージを借用した映画らの成績表は底だった。 だが、2001年'新羅の月夜'以後コメディ俳優での転換はチャ・スンウォンを確固たる忠武路(チュンムロ)スター席に座らせた。
忠武路(チュンムロ)男俳優らの全盛期で呼ばれる30代の大部分の時間を増えたトレーニング服を着て農村を縫って暖かいコメディ演技で一貫したチャ・スンウォンはどうなったことなのか30代後半からコメディの代わりに以前の'モデル ポス'を来た体に巻きつけて強靭で時には冷たい男たちを演技し始めた。 他の人々が20-30代に青春スターのイメージを送って40代以後で人情の厚いおじさんの容貌に変わる時チャ・スンウォンの時間だけは反対に行っているわけだ。
"40-50代年取ったと引き伸ばすのが嫌いだ。 私がチョン・ホジン先輩が好きな理由が顔に相変らず男らしいということがあるためだ。 マッチョとは違ったことだ。 年を取られたが目つきが死ななかった。 その顔がとても良い。 以前の暖かい役割や今のキャラクターらでも演技することは似ているが今時点では懐かしくて暖かくて気立てが優しいキャラクターよりは冷たくて冷徹な人物らがより良い。 そのようなキャラクターらがさらにおもしろい。 この頃中高生子供たちは私のコメディ イメージは知らずに今のイメージらだけ知っていたよ"
1000万監督イ・ジュンイクとの出会い'雲から抜けた月のように'ブロックバスター'飽和の中へ'韓流ドラマ'アテナ:戦争の女神'で少しの休む暇もなしで息つまるように続くチャ・スンウォンの派手な変身は至急だということの結果でもある。 私たちの年齢で四十一歳. 相変らずナイスバディに経た魅力を誇るが雄の臭いをぱらぱら漂う時間もいくらも残っていなかったためだ。
"今しなければいつしてみると思う考えだ。 時間がない。 だが遅れたと考えはしない。 かえって今より若かった過去にはできなかったことだ。 今の能力や力量がこのような変化にぴったり合致する。 以前にするのは難しかったロマンチック コメディやメロドラマも必ずするつもりだと考える。 'before sunset 'こういう作品ならばぴったりだ。 好む俳優がイーサン・ホークなのに魅力ある。 ジェームズ・ディーンとクリスチャン ベールを混ぜておいたような感じ? そのような顔が好きだ"
キム・サンジン、チャン・キュソン、チャン・ジンなどハン監督と色々な作品を一緒にしたチャ・スンウォンはコメディ映画をたたんだ後では毎度他の監督と作業している。 新しい酒は新しい袋に入れると新しいジャンルに挑戦しながら新しい監督らと呼吸を合わせるわけだ。
"以前にしてきたジャンルより新しくするジャンルがさらに気楽で初めて対面する人がかえって気楽だ。 なじむ演出者が不便なこともある。 監督は俳優に先入観を持っているためだ。 新しく私に接する人は私が持ったものらを違うように使うことがあるのになじむ人々はすでに見られたことを'もう少しもう少し'といいながら誇張するように見えようとする場合が多い。 だから客観性が落ちて良くない結果を出す時も多かった。 ずっと新しい監督らと作業したいが'雲を抜けた月のように'のイ・ジュンイク監督様とは必ずもう一度一緒にしたい。 このこと必ず使ってくれ(笑い)"


1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg


スンウォンの夢 見てくださ~い。
前の10件 | - チャ・スンウォン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。