So-net無料ブログ作成
検索選択

チャ・スンウォン MBC「화정」出演 [ドラマ「화정(華政)」]

本当なの!?史劇なんだと!!
そして 私の苦手な イ・ヨニが相手役 [もうやだ~(悲しい顔)]

↓ 翻訳、まったく自信なし(汗) スンウォンの光海君の役だけは理解できました。

차승원, MBC 드라마 ‘화정’ 출연 확정…이연희 “출연 검토 중”

俳優チャ·スンウォン、イ·ヨニがMBCの新しい月火ドラマ「花井」(仮題)で会う。 11日午後チャ·スンウォンの所属事務所YGエンターテイメント関係者は、MBNスターに"「花井」の出演が確定した」と伝えた。 イ·ヨニの所属事務所SMエンターテイメントの関係者は「まだ出演を置いて検討中」という立場を明らかにした。 「花井」の男女主人公キャスティングを提案を受けた二人は、最近合流を確定した。チャ·スンウォンは「最高の愛」の後、4年ぶりにMBCに復帰することになり、イ·ヨニは「ミス·コリア」以後1年ぶりだ。
「花井」で、イ·ヨニが提案された役割は、劇中の朝鮮第14代王であった先祖の唯一の嫡統姫正明姫役である。腹違いの兄である光海君の手に弟永昌大君を失い、母と一緒に廃妃身分に墜落することになる。 チャ·スンウォンは正明王女と対立する光害役を引き受けた。光海君は数々の作品で描かれた歴史上の人物である。 一方、「花井」は「イサン」「馬医」「トンイ」などを執筆したキム・イヨウン作家と「私の心が聞こえる」「アランサト伝」などを演出したキム·サンホPDが意気投合した作品である。 「高慢と偏見」の後続である「輝いたり、与えたり」の後続作で、来年4月頃に放送される予定だ。


そして 

チャ・スンウォン、ドキュメンタリー番組でナレーション

俳優チャ・スンウォンがドキュメンタリー番組『カレイスキー150年ぶりの帰郷』(MBC)のナレーションを務める。
 同番組は、強制移住列車で中央アジア各地に送られた高麗人たちの痛恨の歴史を描く。北朝鮮が故郷だという沿海州の高麗人たちがシベリア、ウズベキスタン、カザフスタンなどに強制移住させられてから150年たって北の地を踏む過程を追う。
 チャ・スンウォンがナレーションを務める『カレイスキー150年ぶりの帰郷』は3部作。14日午後11時15分から1部、2部が続けて放送され、16日午後15分から最後の3部が放送される。


しかし 今年の韓国ドラマ視聴率、全然取れてない!
年末になると 大体 あのドラマorあの主人公が 演技大賞だろうなと推察できるんだけど
今年は さっぱりわかりません(週末劇を除いて)

innolife情報


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。