So-net無料ブログ作成

ぼくせん企画への参加、ありがとうございました。 [演劇「ぼくに炎の戦車を」]

ぼくせん企画-東京公演前に118人だった参加者さんが
東京公演終了時には 64人増えて182人になり
ラストの韓国公演時には 6人増えて 全部で 191人となりました。

当初、参加者さんがこんなに多くなると予想できなかったので
ひとり2千円としましたが みるみるうちに 凄い人数になり (@_@;)
と同時に 皆さんからお預かりしたお金を使い切ることができるのか ←贅沢な悩み。

残してはいけない(結構気が重いんですよ~残ると)と思って
たくさんの企画を立てましたが それもすべて 終わり
今は ともかく やり終えた!成し遂げた!そんな気持ちです。

使うほうも大変でしたが 参加された方も お金の使い方が気になってると思って
今回は「秘密基地」なる場所を設けて 経過も楽しんでもらいました。

「あ~お金、ちゃんと使ってくれてるな」っていうあったかい声援が嬉しかったです (^^♪
私の励みになりました~準備期間を含めて 3ヶ月間、充実した毎日を送ることができました。

今回は「長丁場の舞台」ということで スンウォンひとりでやれる仕事ではありません。
共演者の助けを必要としますし、ひとつの舞台を作り上げていくための団結・協調も必要でした。

スンウォンへの差し入れ・プレゼント以上に(?)気を配ったのが共演者さんへの差し入れでした。

そして それを一括して スンウォンの元に贈れば そりゃ凄く目立ったでしょう。
でも そのために マネージャーさんのお手を煩わせるのは 申し訳ありません。

なので スンウォンやマネージャーの目に触れなくても
早く的確に共演者さんの元に届く「名を捨てて実を取る方法」を選びました。

たぶん 共演者さんにも配ったということをスンウォンもマネージャーも知らないかもしれません。
(すみません・・・知らない確率のほうが高いですね)
でも 私たちのしたことが回りまわって スンウォンのためになったと思うことにしましょう。

幸運なことに 共演者さんが twitterに画像を上げてくださったので
早い時間に ちゃんと届いたことがわかって それは 嬉しい誤算でしたね。


最後に 基地にて会計報告をしておりますので ご覧下さい  (*^◯^*)

今日から「春ぅ~」ということで スンウォンのダッシュに 遅れずついてくために 
そろそろ 体ならしを 始めましょう。 

コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。