So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼくせん企画への参加、ありがとうございました。 [演劇「ぼくに炎の戦車を」]

ぼくせん企画-東京公演前に118人だった参加者さんが
東京公演終了時には 64人増えて182人になり
ラストの韓国公演時には 6人増えて 全部で 191人となりました。

当初、参加者さんがこんなに多くなると予想できなかったので
ひとり2千円としましたが みるみるうちに 凄い人数になり (@_@;)
と同時に 皆さんからお預かりしたお金を使い切ることができるのか ←贅沢な悩み。

残してはいけない(結構気が重いんですよ~残ると)と思って
たくさんの企画を立てましたが それもすべて 終わり
今は ともかく やり終えた!成し遂げた!そんな気持ちです。

使うほうも大変でしたが 参加された方も お金の使い方が気になってると思って
今回は「秘密基地」なる場所を設けて 経過も楽しんでもらいました。

「あ~お金、ちゃんと使ってくれてるな」っていうあったかい声援が嬉しかったです (^^♪
私の励みになりました~準備期間を含めて 3ヶ月間、充実した毎日を送ることができました。

今回は「長丁場の舞台」ということで スンウォンひとりでやれる仕事ではありません。
共演者の助けを必要としますし、ひとつの舞台を作り上げていくための団結・協調も必要でした。

スンウォンへの差し入れ・プレゼント以上に(?)気を配ったのが共演者さんへの差し入れでした。

そして それを一括して スンウォンの元に贈れば そりゃ凄く目立ったでしょう。
でも そのために マネージャーさんのお手を煩わせるのは 申し訳ありません。

なので スンウォンやマネージャーの目に触れなくても
早く的確に共演者さんの元に届く「名を捨てて実を取る方法」を選びました。

たぶん 共演者さんにも配ったということをスンウォンもマネージャーも知らないかもしれません。
(すみません・・・知らない確率のほうが高いですね)
でも 私たちのしたことが回りまわって スンウォンのためになったと思うことにしましょう。

幸運なことに 共演者さんが twitterに画像を上げてくださったので
早い時間に ちゃんと届いたことがわかって それは 嬉しい誤算でしたね。


最後に 基地にて会計報告をしておりますので ご覧下さい  (*^◯^*)

今日から「春ぅ~」ということで スンウォンのダッシュに 遅れずついてくために 
そろそろ 体ならしを 始めましょう。 

コメント(2) 

ぼくせん企画:韓国 最後のミッション [演劇「ぼくに炎の戦車を」]

韓国公演 4日目の2日、昼の公演が始まる前に 
ichikoちゃん他サポートメンバーが 最後の差し入れをしてくれたので そのご報告です。

韓国公演で「ぼくせん」も終わり・・・スンウォンの初めての舞台の成功の御祝に。
そして 一緒に舞台を作り上げた出演者さんにも 何か思い出に残るものを贈りたい。

残高が少なくなってきてましたので「ほんの心尽くし」
心尽くしとは 真心を込めてすること

最初に上げた「風呂敷」に始まって その一念で 差し入れをしていましたよね。
それで 最後は 「ありがとう」と「めでタイ」の手作り飴を贈ろう~。
(注:私たちの手作りではありません~職人さんの手作りです)

飴1.jpg


そして できた飴が ichikoちゃんちに到着~
(あら~これ、マージャンできそう by sa-ya)

ありがとう飴の表面の画像は 3種類。
めでタイ飴の表面の画像も 3種類。

6.JPG


それを 素敵にラッピング
(ひとりひとりにぼくせんの帯中にお写真をichikoちゃんが入れてくれました)

1.JPG



出演者全員~

2.JPG



そして 記念となるように 市販されていない「ぼくせん仕様の和紙ファイル
これも ichikoちゃんが せっせと印刷してくれました。和紙の味わいが素敵ですね。
(折れないように1枚ずつ厚紙をichikoちゃんが入れてくれました^細やかな心配り)

3.JPG



和紙ファイルと飴を 一人ずつに渡せるように ラッピング
この作業を韓国のホテルでお手伝いしてくださった 
メリーさんの羊さん、naomi914さん、mariさん、きなむすめさん、ありがとうございました。

4.JPG



そして これを受付の方に手渡すときに ichikoちゃん曰く、
『出演者皆さんへの贈り物です』とハングルで喋った←前日練習。
お兄さんが笑顔でOK!って(*^_^*) 早く配ってねって「パリパリ~」と。
お兄さんがそのまま裏に持っていった⇒ いいお兄さんだ!

5.JPG


そして 配られたのが ↓ 福ちゃんのtwitterで 紹介されました。

7.JPG


ほんとにごくろうさまでした。

続いて 会場の様子


コメント(8) 

ぼくせん企画:韓国ーお花&ソンムル [演劇「ぼくに炎の戦車を」]

基地の方で紹介しましたが いらっしゃらない方も居るので こちらでもご報告します。

ジェソクマネージャーさんが グクサイトからの贈り物をTwitterで披露してくださったので
この企画に参加された方は 確認できたと思います。

米花輪の企画がNGとなり 変更を余儀なくされましたが
「楽屋入れOK」ということで お花も贈ることができ
そして スンウォンの目にも触れたと思うので(想像) 100%満足です。


お店で作ってくださったのは これ(セロファンかける前)
お花の下にあるリボンには 成功をお祈りしていますということと
日本ファンサイトの グクに首ったけ(ここ 日本語)からのお花だというメッセージが書かれています。

縦・横・高さ すべて1mあるので かなり大きいと思います。
下からのショットがお見せできなくて そこだけ 残念ですね。

1.JPG


そして ichikoちゃんが作ってくださった スンウォン画像仕様のメッセージボードと一緒に搬入され

2.JPG


そして マネさんのtwitterにアップされた「グクに首ったけ」からのお花

3.JPG

花屋さんは 初日30日、午後3時17分に スタッフに渡したということですので
それから1時間後には 撮影してくれたんです~
それも 贈り主がわかるように 壁に メッセージボードをちゃんと貼ってくれて ← 優しいマネに感謝!

ichikoちゃん製作のメッセージボード(韓国公演の成功をお祈りしています)と ハングルで。

花輪.jpg



そして 韓国では 贈り物として ポピュラーなフルーツバスケット

4.JPG



一緒に贈った ソープフラワー詰め合わせ(BOXが赤で可愛いですね)

5.JPG



これにも 参加された方のHN一覧のメッセージボードをつけてたのですが
壁からバスケットに立て掛けるように置いてくれて~ (嬉し泣) マネさんのTwitterにて紹介されましたね。

6.JPG


後日お花屋さんに聞いたお話・・・
「配達前、他のところの情報で、楽屋花も受取らないというようなことがあり
 韓国へ直前まで確認をするような状況でした。」結果的に、問題はなかったとのことです。


皆さんとお約束した「お花」が実現できて ほん~っとに 安心しました。

今回は お花屋さんの担当者さんに とってもお世話になりました。
次回も韓国でイベントがあれば またね・・・とお約束を o(^▽^)o

残るは 明日のミッションのみ (#^.^#)
韓国での最終作業をしてくださる皆さん、よろしくお願いしますね。
コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。